行政書士の通信講座にかかる費用を徹底解剖

ウェブ講義が受けられる

書類

行政書士の通信講座の内容は、それぞれの運営会社によって異なりますが、ウェブ講義や質問サポートのほか、模擬試験や過去問題が解けるなど、効率的に勉強できる内容となっています。費用の相場は5万円から10万円です。

ビジネスに有用な人気資格

婦人

行政書士は社会人に人気の高い国家資格であり、働きながら取得を目指す人が多いとという特徴を持っています。そのため、通信講座がたいへん充実しています。費用も4〜5万円程度のものから15万円前後のものまでバラエティに富んでおり、自分に合ったコースが選べます。

学習経験によって2種類

男の人

各資格スクールの行政書士の通信講座は、初学者向けと学習経験者向けの2つの種類に大別できます。初学者向けの通信講座は、授業の動画を視聴しながら学習するタイプのもので約20万円、テキストのみが送られてくるもので約6万円の費用がかかります。

学習期間だけでなく学べる

ウーマン

利用するポイントによる

行政書士の通信講座は多数のスクールで行われていますが、カリキュラム内容や費用には大きく幅がある為、あらかじめチェックしてから申し込みましょう。低価格なスクールの場合には3万円台で受講できる講座もありますが、高額なところでは20万円を超えるところもあるので、注意が必要です。平均的には10万円台前半といえますが、ウェブだけの講座か、DVDが一緒についてくるかによって料金が異なります。行政書士に対して何の知識も持っていない人が初めて学ぶ通信講座は比較的費用が高めですが、ポイントを絞り込んでいる場合には多少安いです。また、通信講座によっては行政書士の講座を直接聞く事ができず、書物やDVDのみで学習することも理解して申し込んだほうがいいでしょう。費用に関してはDVDがあると多少高額になりますが、何度でも繰り返してみられること、インターネットに接続しなくていいところがメリットです。オリジナル教材のわかりやすさによって結果は異なりますが、相性がよく学習しやすい内容であれば、半年間の勉強効率はアップします。そのため、スクールごとにある程度通信講座の内容を確認してから受講申し込みをしてください。費用だけでなく、行政書士になる為にわかりやすくカリキュラムを組んでいるかどうか、事前に確認しましょう。受講者のクチコミをチェックし、6ヶ月程度の学習期間で学びやすい教材を見つける事が、合格への近道といえます。