行政書士の通信講座にかかる費用を徹底解剖

ウェブ講義が受けられる

書類

質問サポートがある

行政書士の資格を取得したいと考えた時、スクールに通う、通信講座を受ける、独学するという3つの選択肢があります。費用に関して最もリーズナブルなのは独学ですが、疑問があるときにすぐに解決できないのが難点です。スクールは、カリキュラムに沿って勉強できますが、費用が高い傾向があります。通信講座は、費用の面でもスクールより安く、講師に質問もできるので、スクールと独学の良い点を併せ持っていると人気があります。行政書士の資格を取るための通信講座の内容は、それぞれの運営会社によって違いがあります。行政書士の勉強には、テキストが非常に大切だと言われていますが、通信講座では、それぞれの運営会社が独自に作った質の高いテキストが使われています。そして、ウェブ講義によって、スクールと同じような講義を受けられるものもあり、理解力も高まります。質問サポートもあり、わからないことは、講師がしっかりと説明してくれるので、疑問を残さずに試験に挑めます。そのほかにも、模擬試験を行ったり、過去問題を無制限に解けるなど、それぞれの運営会社によって、異なる内容となっているため、気になる通信講座を比較して、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。行政書士の通信講座の費用は、20万円以上のものもありますが、5万円から10万円が相場となっています。時間を選ばず、効率的に勉強できる通信講座は、行政書士への夢をサポートしてくれる力強い味方といえるでしょう。